PR

若柳夏祭り花火大会2023年のおすすめ駐車場は?日程や屋台も公開!

スポンサーリンク
花火大会

若柳夏まつり花火大会2023年のおすすめ駐車場は?日程や屋台も公開!

 

『2023若柳夏まつり花火大会』は、宮城県栗原市若柳で開催されます。

明治時代から行われている伝統のあるお祭りで、約5000発の花火が打ち上げられます。花火の他にも先祖供養の灯籠流しもあり、色とりどりの灯籠はとても幻想的なんですよ。

今回は『2023若柳夏まつり花火大会』のおすすめ駐車場や日程、屋台情報、オススメ観覧スポットをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

若柳夏まつり花火大会2023年駐車場情報・交通規制

 

無料駐車場

当日はまつり会場周辺に約1412台分の駐車場が設置されています。

駐車場名(台数) 会場まで 住 所
アスパルわかやなぎ(172台) 徒歩7分 栗原市若柳川南道伝前125−2
JA新みやぎ若柳支店(50台) 徒歩9分 栗原市若柳川南子々松275−1
栗原市若柳総合支所(250台) 徒歩17分 栗原市若柳川南戸ノ西4
若柳中学校(50台) 徒歩14分 栗原市若柳川南袋25
若柳病院(約350台) 徒歩15分 栗原市若柳川北原畑23−4
若柳小学校(130台) 徒歩9分 栗原市若柳川北塚原55
さくらの里若柳(30台) 徒歩10分 栗原市若柳川北塚原15−7
ドリーム・パル(200台) 徒歩17分 栗原市若柳川北古川83
若柳公民館(50台) 徒歩19分 栗原市若柳川北古川83
くりはら田園鉄道公園駐車場

(90台)

徒歩15分 栗原市若柳川北塚ノ根17
農産物直売所くりでん(40台) 徒歩15分 栗原市若柳字川北塚ノ根17−24

※スーパーやコンビニなどへの買い物以外駐車はご遠慮ください。

打ち上げ時刻に近づくにつれて、会場近くの駐車場は満車となります。早めに行くのをオススメしますよ。

 

交通規制情報

当日は祭り会場や花火打ち上げ場所周辺で通行規制が行われます。

・通行止め→8:30~21:00

・車両通行止め→17:30~21:00

皆さんでマナーを守り、近隣の住民の方々へ迷惑とならないようにしましょう。

 

会場案内図です↓

公式HPより引用

 

若柳夏まつり花火大会2023年の日程はいつ?

名 称 2023若柳夏まつり花火大会
日 程 2023年8月16日(水)

開催決定!

まつり会場 川南河川公園

宮城県栗原市若柳川南道伝前8

打ち上げ場所 迫川 川北河畔(祭り会場の向い)
打ち上げ時間 19:30〜20:30

※小雨決行

打ち上げ数 5000発
予想来場者 2万7000人
最寄り駅 JR石越駅(タクシーで6分、徒歩35分)
車でのアクセス 東北自動車道 若柳金成ICから車で約10分
トイレ情報 ↓下記のとおり会場周辺にあります。

夏まつり本部

川北堤防公衆トイレ前

川南河川公園公衆トイレ前

若柳金成商工会

公式HP 若柳金成商工会

若柳夏祭り花火大会

※上記は記事作成時の情報ですので、変更や中止等の確認は公式HP等をご確認ください。

 

その他にも、宮城県内の大崎・登米・栗原地域で開催される花火大会についてまとめてありますので、チェックしてみてくださいね!

 

若柳夏まつり花火大会2023年のライブ配信は?

 

今年も、花火大会の様子をYouTubeでライブ配信されます。

ぜひ、ご活用くださいね!

若柳夏まつり花火大会2023年の屋台情報

 

まつり会場の川沿いの土手にずらりと屋台が並びます。かなり多くの屋台があるので、食べ歩きだけでも楽しめそうです。

屋台は子供向けのものが多いのもポイントです。

定番の焼きそば・やきとり・たこ焼きお好み焼き・わたあめ・かき氷などなど…

金魚すくいなどの縁日もあるので、子供から大人まで幅広い世代で満喫できますよ!

 

 

若柳夏まつり花火大会2023年のおすすめ観覧スポットは?

 

こちらの花火大会は有料観覧席がありません。

多くの方は打ち上げ場所近くの橋の上や堤防の上で歩きながら観るので、河川敷の方に降りることをオススメします。

河川敷の階段に座ってみる方が多いですが、少し混雑するので、レジャーシートを持ってのり面に座って観たほうがゆっくり観られますよ

立ち入り禁止場所以外は入って大丈夫です。特に打ち上げ場所に近いほど人はいないので、音はうるさいですが、ゆっくり花火を楽しむことができます。

 

りんこ
りんこ

口コミだと、花火会場の河川敷は広いので、打ち上げ開始30分前でも良い席が取れるそうですよ!

屋台の出店エリア周辺は混雑するので避けた方が良さそうです。

 

まとめ

 

こちらでは、若柳夏まつり花火大会2023年の駐車場や日程、屋台、おすすめ観覧スポットについてご紹介しました。

今年は例年通り『灯ろう流し』も開催されるので楽しみですね。

今年も夏の終わりに、思い出に残る素敵な花火をぜひ見に行きましょう。